FC2ブログ

今日の…

今日の受験願書

0702j1.jpg

免許資格関係の先輩ESTONさんから,国内旅行業務取扱管理者試験の

受験願書が届きました。

別に取り寄せをお願いしたわけではありませんが,ご自身が取りに行かれた

ときについでに私の分まで貰っていただき,それを送って下さったということです。


どうも,これには重大な意味が含まれていそうです。

勉強を始めたリトルターンが,これは手に負えないとみて願書提出を取り止め

こっそり受験回避などしそうだから,その手を封じるため…とか。

よくいるでしょ。

願書貰うの忘れたとか,提出が間に合わなかったとかを理由にする奴。

これで私はこれらの手を使えなくなりました。

これは,しっかり勉強しないといけませんね。


ただね,勉強し始めて知った(遅い!)のですが,○○公園と○○温泉は同じ県?

とか,○○寺はなに本線から近い?なんてことが試験に出るそうです。

さらにはしょっつる鍋が何県でままかりが何県なんてのも…。

いや,しょっつるやままかりはまだ聞いたことがありますが,全然知らない料理名

など出されても,鉛筆転がすしか無いんですよね。

と,早々と泣きを入れながら2ヶ月間あてもなく勉強していきます。

ESTONさん,私の退路を断っていただきありがとうございました。

共に頑張りましょう。



ちなみに,封筒の後にあるのは封書が折れ曲がらないように入れていただいた

芯代わりのおまけのカタログです。

実のところ,このおまけが超嬉しいです。

こちらの内容を覚えるんだったら,全然苦にならないんですがねぇ…。

PageTop

今日の講習

0612k1.jpg

基礎講習を終了しただけで,こんな立派?な終了証書がいただけました。

これで,運行管理者試験の受験資格が整いました。


で,気になっていた終了テスト(正式には終了試問)ですが,思ったとおり予想を

はるかに下回る難易度で,40問ありますが退出可の25分を過ぎたら退出する人

もチラホラ。

こうなると,70点狙いから100点狙いに方針変更して,みっちり見直しました。

まぁ,確認が主でしたが…。


結果発表で100点が14人(総受講者数210人のうち)と発表され,14人も

いるなら逆に14人に入ってないとどうしようという不安が過ぎりましたが,

幸い14番目に番号を呼ばれました。

ちなみに70点に満たない方数人は発表前に別室へ誘導されておられました。


ただ,講習の中で見たビデオで運行管理者さんの責任の重大さと業務の

大変さを知り,やはりこの資格は取っても実務は私には絶対無理ということが

わかりましたので,残念ながら単にコレクションということになりそうですね。

元々覚悟の上ではありましたが…。

PageTop

今日の疑問

0611t1.jpg

昨夜やってみた演習問題ですが,参照条文や掲載ページまで書いてあっても

1問2分以上かかりました。

何しろ問題の微妙な言い回しががいやらしい。

勿論テキストを参照せずに答えられる問題も中にはありますが,ごく僅か…。

これで演習24問に要した時間が40分でしたから,本来の終了テストになると

40問45分では絶対無理ですね。


ところで,基礎講習の終了テストで落ちたという話はどこにもありません。

これを受けるすべての方が,私より格段に頭が良い,もしくは記憶力が優れて

いらっしゃるとは到底思えないのですが…。

ということで,これは何やら裏がありそうですね。

少しは真面目に勉強させようという,主催者側の作戦でしょうか。

取り敢えず,今日もしっかりお勉強してきます。

PageTop

今日の講習

0610k1.jpg

今日は運行管理者試験の受験資格を得るための講習会に行ってきました。

会場には多分ほぼ満員の160名くらいが入っていたでしょう。

お陰でテーブルは今どき珍しい3人掛け。

ちょっと暑苦しいですね。

でも,その分エアコンが効いて,午後からは持参のジャンパーを羽織ったくらい。


最初の説明で,最終日に終了テストがあって70点取らないと修了証は出せない

とのことでしたが,テキストもノートも参照可とのことで楽勝だと思っていました。

本日の終了直前にまたまた終了テストの説明があって,40問を45分で解く

そうです。

読み慣れない法律問題を読むだけで20秒くらいかかるから,テキストを参照して

間違いを捜すのに40秒でやらなければなりません。

これって,結構きついんじゃない?

担当者さんがくどくど言っていたのも頷けますね。

今夜,真面目に復習しておくことにします。

PageTop

今日の教本

0601k1_20090601185515.jpg

先日の運行管理者があまりに…だったもので,並行受験勉強用にこれを

買って来ました。

今回まず見たのは合格率。

先の測量士補が25%くらいで,適度な緊張感で楽しめたのでその程度のを

捜してみました。

これは30数%のようです。

チラ見したら,新幹線の料金計算や温泉地の特徴なんて問題があって,

ちょっと面白そう。

しばらく読んでみてから,受験するか決定したいと思います。


ちなみに運行管理ですが,金曜日に読んで土日放置し,今日昼休みに

模擬テストをやったら楽々合格点でした。

まぁ,昔取った何とかの道路交通法までありますからね。

それにしても,さすがに高齢受験者が多いのに合格率50%というのが

よーくわかりますね。

こちらは試験日前3日ほどで良いでしょう。


で,この3者を並べてみたら,なんとすべて国土交通省がらみなんですよね。

次回は違う省庁の管轄分にしたいものです。

PageTop

今日の一字違い

0530b1_20090530193646.jpg

本屋さんで資格関係の棚を見ていたら,旅行関係の棚にこれが紛れ込んで

いました。

確かに非常によく似ていますね。

一文字違っているだけですね。

でも,これは場所が違いますね。

その程度なんでしょうかね。

またまたモチベーションが下がりましたね。

PageTop

今日の教本

0529b1.jpg

今日から鞄の中の本がこちらに変更になりました。

でも,チラチラ読んで一気にテンションダウン。

受験要件の基礎講習を6月に受けて,試験の8月下旬までの約3ヶ月間

みっちり勉強しようと思っていましたが,…必要なさそう。



管理者なんていうタイトルに惹かれた私がバカでした。

何か,並行して勉強するものを捜さないといけないですね。

PageTop

今日の解答速報

0525t1.jpg

昨日の試験の解答を,LECというところが発表しているようです。

この試験は65%以上が合格ですから,19問正解すると間違いなく合格ですね。

年によっては18問でも合格らしいです。


さて,8問捨てる覚悟で臨んだ試験でしたが,過去問に無い問題などでの試験中の

もたつきを別にすればかなり良い点を取れたと確信していたのに,この速報と

合わせると2122問の正解でした。

6問も不正解!! あぶねーーー。  

(国土地理院の問題を見直したら,メモ間違い発見)(^^ゞ

またまた思い違いを随分やらかしていたようですね。

(落ち着いて考えたら,あと3つは稼げたみたい…Orz)


今回の試験の国土地理院からの合否通知は確か7月末だったので,きっと忘れた頃に

通知がやってくるのでしょうね。

法的には実務に就くためには測量士補として登録しないといけませんが,実務に就く

あてもなくお金もかかることですから合格していても登録はいたしません。

高校時代は大嫌いだった数学が,この試験勉強でちょっと楽しめたのが最大の

収穫ですね。

ということで,資料請求から始まった約半年の受験プログラムはこれにて終了です。

PageTop

今日の試験

0524t1.jpg

急遽変更となった試験場です。

さすがに2000人の試験場となると,デカイですね。

0524t2.jpg

その中でもとりわけデカイホ-ルのようなところが私の試験場。

この部屋だけで500人以上入ったんじゃないでしょうか。


13時30分から16時30分までの試験で,15時以降は退出可能です。

当初は1時間30分で片付けて,30分かけて見直し,15時30分退出の予定でしたが,

計算問題で(恐れていた)失敗の連続で大きく時間のロスをやらかし,計算で30分

以上の超過。

それで疲れてしまい,見直しも程々にやって,トイレを催したこともあって16時前に

退出しました。

頼めばトイレは許されるのですが,もう見直す体力も気力もありませんでしたね。

まぁ,合格点は取れたと思うので…。


それにしても,往きの電車が遅れたりしたせいもありますが,電車で座る度に軽く

意識を失ったのは,やはり昨日の疲労が残っているのかもしれません。


さて,これで一区切りつきましたので,明日からはまた新たなものに取り組みます。

次は運管。

旅客にするか貨物にするかは未定です。

PageTop

今日の国土地理院(その2)

0521s1.jpg

帰宅したら,もうきっちり届いていました。

当然ながら速達ですから,経費がかかったでしょうね。

大阪の試験場では約2000人が受験しますので,およそ…え~よくわかりません。


などと感心していたら…

0521s3.jpg

なんと電話連絡までいただきました。

ご丁寧に,会場変更の謝罪までされて,逆にこちらが恐縮しましたね。

さすがにここまでしていただくと,しっかり勉強して受験しないと…と思うわけですが,

でもやはり土曜日は四国へ。

PageTop