FC2ブログ

今日の…

今日の考察(ポピー)

0516a.jpg ナガミヒナゲシ


とあるブログを拝見していたら,ナガミヒナゲシの写真と学名(Papaver dubium)が出ていました。
学名は「ラテン語で○○の」なんて付け方がされていて,概ね形状から似ているものの名が付いていることが多いです(よね?)。
ケシ属の学名はPapaver(パパベール)ですが,これを見て私は花のヒラヒラ感からPaper(紙)が元だと考えました。 後ろのdubiumは全く不明。
で,相変わらずこれでは収まらず,調べてみることに…。


ところが,解説がいろいろあって
1.芥子の種(あへん)を噛むときの音の擬声語
2.ラテン語のパプラ(papula=乳首、いぼの意)…芥子のさく果(果実)の形が、乳首やいぼを連想させることに由来。
3.papa(幼児に与えるお粥(かゆ)」が語源…ケシ属の乳汁に催眠作用があるため、乳汁を粥に混ぜて子供を寝かしたことに由来。
4.花弁が薄いので、紙のパピルスに似ていることが由来。(やっと出てきた私の説)


でも,頑固な私は自説を通すため,ここで反論を繰り出します。
1.ものを噛んで,パパベールパパベールなんて音はしない。 よって,即却下。
2.さく果が乳首(いぼは面白くないので無視)の形を連想させるって言うけど,そうかなぁ…。 いや,形はそうかもしれないけど,私が栽培したのはオニゲシで,あの毛だらけの果実が(女性の)乳首を遠ざけますよね。 色的にもあわないし…。 偏った見方でゴメン。
3.そんなもので子供を寝かすって,とんでもないことですよね。 ケシですよ,ケシ。 子供の頃からアヘン中毒? 考えただけでも恐ろしいので却下。
4.やはり,これが一番妥当だと思いますよね。 無害だし,きれいだし。


まぁ,Paperが入っていただけで満足すべきなんでしょうけど,あんまり変なのがあったのでついムキになっちゃいました。
皆さんも,今後野山でポピーを見かけたら,なんでポピーなんだろうって考えてみるのも面白いかも…あれ?




PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

なんと!おべんきょになりましたぁ(^0^)
写真のオレンジのポピー、ホントあちこちに生えてきますよね。でもってノラ生活では栄養が足りないのか総じてものすごくちっさい花びら!でも花壇に生えてきたものは肥料分にありつけるせいか多少大きかったり。
小学生の頃、学校の花壇で毎年カラフルなポピーが栽培されていて、休み時間になるとタネ取りに通ってたのを思い出しました。何とか自分ちでも咲かせたいと、植木鉢に撒いてみるものの、うまく行ったためしがありませんでした…

バタースコッチ | URL | 2007年05月19日(Sat)01:21 [EDIT]


そういえば…

ちいさいのでは爪くらいの花を見たことがあります。
あまり人の歩かない歩道の中程,アスファルトの割れ目でした。
あんな大きさでも花を付け,種を作るくらいタフだから,こんなに広まるんでしょうね。
よく見るとか,たくさん咲いているというのは,ほとんど外来種になってしまいますね。
でも,私はみんな好きです。

ところで,こんな時間までお菓子作りの勉強でしょうか。
早めに寝ないと,お肌への影響が…。

リトルターン | URL | 2007年05月19日(Sat)08:28 [EDIT]