FC2ブログ

今日の…

今日の乗務

0416b0002.jpeg

今日もまた寒い雨でしたね。

となると,「またネタは窓ガラスの曇りかい…」と思われた方,ブーー。

それを見越して,始業時にガラスクリーナーで磨き上げたので,ごく僅かしか

曇りませんでしたよ。

客席の窓もしっかり拭き上げたので,この程度の曇りで済んでいます。


で,今日も快調にスタートしたのですが,一番たくさん乗られる乗車場所で

その事件は起こりました。

例によって適当に指など折りながら乗車人数をカウントし,付近に誰もいない

ことを確認してからドアを締めて発車しました。

ここは3車線のうち一番左の線で歩道に寄せて停まり,スタート時は一番右の

右折レーンに移らないといけません。

でも,右折レーンの停止線まであまり距離がありませんので,半ば道路を横切る

というくらい車を振るんですね。

で,なんとか右折レーンに入り,丁度信号が青に変わったので交差点の中心部

まで進入し,対向車の切れを待っていたときにお客さんの声が…

「あっ,○○さんが来た!!」

続いて他のお客さんも,口々に「可哀想」とか「あ~あ」とか「止まれんかなぁ」

とか言い出して,これはもう止まるしかないのですが,いかんせん交差点の

ど真ん中。

とりあえず交差点を右折して,ハザードをだしながら若干道路の幅が広くなる

ところまで進めていたら,ついに「どこまで行くねん」という強い口調。

ムカッときたもののそんなことに構ってられないので,広くなったところに停止

して,その方の特徴を聞いたら,「眼鏡をかけている」「女の人」ですって。

私は車を降りて,元の交差点方向に走り出しましたが,頭の中は

「眼鏡の女性がたくさんいたらどうしましょう」だったりして。


で,彼女がいるはずの交差点の対角線側が見えるように走っていたら,

なんとなんとその広い交差点を勝手にスクランブルで渡ってくるちょっと太目の

眼鏡をかけた女性が目に入りました。

これはもう間違いないでしょう。

お名前を確認して急いでバスに乗車してもらい,大急ぎでその場からスタート。

信号待ちの車からはジロジロ見られるし,後ろからの車には邪魔にされるしで

散々でしたが,彼女の大胆な行動のお陰で僅か3分遅れただけで済みました。


写真は,降車時にお礼を言われたあとの,ちょっとした満足感に浸る車内です。

それにしてもあの広い交差点を斜めに…無事でなによりでした。


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する