FC2ブログ

今日の…

今日の映画

0125a.jpg バルトの楽園


大1次大戦後の,ドイツ俘虜収容所の生活と,その待遇


維持に尽力した収容所長の物語。


徳島県板東村に作られた収容所で,2年8ヶ月(?)存在したそうです。


その間収容兵と村民の交流などあったようで,所長の人間性だけでなく,


村民の許容量の大きさが,友好的かつ開放的に交流を深めたようです。



さて,兵庫県小野市に青野ヶ原という台地があり,そこに青野原俘虜


収容所というのがあったそうで,その麓にある河合村の村民と収容されている


ドイツ・オーストリア兵の交流もあったそうで,小野市や神戸大で研究がされ,


「もう一つのバルトの楽園」みたいなキャッチでときどき資料の展覧会や


講演がされているようです。


河合村村民も,開けていたんですね,当時は(?)。



えー,全く関係のない話なんですが,その青野ヶ原の台地で生まれ育った


のが,何を隠そう「私」なんですね。


だから何?といわれても,何も返せないので,やはり全く関係のない話ですね。


すいません。


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

独身の頃、青野ヶ原を抜け小野市河合中町までしょっちゅう走っていました。
趣味の仲間が河合中町に住んでおられたので…。
ひょっとしたらすれ違ったことあったりして…。

さくら | URL | 2007年04月06日(Fri)00:19 [EDIT]