FC2ブログ

今日の…

今日のしりとり?

1207n1.jpg

今日は風が強くて寒かったですね。

そんな今日は,二十四節気のうちの「大雪」だそうです。

もっと寒くなるんでしょうね,イヤだわ。

そういえば最近のTVでも,「大切な方へ…」みたいなCMが多いような…。

ハムの人はどうしているのでしょうね。


二十四節気といえば,いよいよ次に来るのが「冬至」ですね。

今年の冬至は22日だそうですが,日の出の時刻が最も遅い日・日の入りの

時刻が最も早い日と冬至の日とは一致しないそうで,日本では日の出が最も

遅い日は冬至の半月後頃,日の入りが最も早い日は冬至の半月前頃らしいです。

となると,今日辺り…と調べてみたら,神戸では16時48分日の入りで一番

早かったですね。

もっとも,2日~9日までずっと48分でしたが…。

10日からまた日の入りが徐々に遅くなってきます。



冬至といえば,太陽が南回帰線上に有るということですよね。

この頃南緯66.6度の地域も白夜となるんでしたね。

ところで白夜の反対語は何かご存知ですか。

白の反対だから夜なんていうのは,小学校低学年の運動会好きですかね。

明るいままの夜が白夜だから,暗いイメージで夜などというのは,

ミステリー好き?

実は極夜(きょくや)といいますが,これは夜をいうのではなく,

昼でも薄暗いので夜といってるわけですね。

えっ? そんな質問酷やなんて駄洒落をこいていないで,

まじめに考えましょうね。



さて、南回帰線とくれば当然北回帰線となりますね、北半球では。

まぁ、見たことはありませんが。

英語で Tropic of Cancer といいます。

トロピックはトロピカルでおわかりのとおり、熱帯地方の…と似たようなもので、

キャンサーは蟹座ですね。

平たく言えば、太陽が蟹座に来た熱いとき…的な。(無茶苦茶!)



今キャンサーといえば、蟹座というより癌が頭にきます…いや、浮かびますね。

これは、癌細胞が蟹みたいな格好をしていたからだそうですが、かつてこれを

気取って「ケンサー」という看護婦長さん(今で言う看護師長さん)が

いらっしゃいまして、会議の中で「検査」が頻繁に出てくるもので議事録作成

で痛く難儀をした人がいましたね。(私ではありません、念のため)

もちろんやさしく教えてあげたのが私です。


看護婦(あえてそう言わせて)といえば、看護学校から病院へ実習に行く前に

ナースキャップを戴く「戴帽式」(たいぼうしき)がありましたね。

キャンドルを持って、ナイチンゲール誓詞をロウソク朗読するという

それはそれは荘厳な儀式だったんです(見たことないけど)が、最近はどこでも

看護師さんの帽子を廃止していますので、もうこんな儀式もなくなるのかも知れ

ません。

すくなくとも、「戴帽式」(たいぼうしき)という名ではなくなるでしょうね。



「戴帽式」(たいぼうしき)といえば、かつて東北のとある有名な大学助教授が

「戴帽式」(たいぼうしき)に招かれたことをブログに書いていて、それを

さいぼうしき」と書かれていたんです。

さらに、さいぼうしきではの文字が変換出来ないと…。(バカ?)

で、でしゃばりの私が「帽子はせるのじゃなく、くんですよ。読みは

たいぼうしきですよ。」と親切に教えて差し上げたのに、有難うとも

言わずに「そんなことを言ってきた人もいるけど、さいとも読む…」なんて

書きやがったので、もう頭にきて…。

彼はその直後、教授になりました。



あ~、思い出してもイライラするので、もう止めます。

元は何でしたっけ?

大雪?

何それ?

ああ、疲れた。

PageTop

今日のお尻

1206s1.jpg

古~いスバリストとして,昨今チョビッとだけ気にしていたレガシーB4ですが,

こんななんの変哲もないお尻になっちゃったんですね。

6連星を見てアレッ?と思い,文字を読んでレガシーだとわかったときは

軽く眩暈を覚えました。

先代のBMパチっぽいリアエンドが気に入ってたんですがねぇ。

これでまたまたスバルに気になる車が無くなりました。



1206j1_20101207100408.jpg

こちらは巨大なお尻。

幅広重トレで運ばれるのはクレーン本体でしょうか。

こういう状態だとカニの爪と脚を取り払ったあの状態のようで,ものがなにか

よくわからなかったりします。


それにしてもトレーラーの幅はすごいですね。

こんな広い道でも,センターラインと外側線を共に踏んでいます。

このまま北進すれば,あの大池の狭隘部分を通過しますね。

着いていきたい衝動に駆られましたが,残念ながら仕事中ですから泣く泣く

前の信号で左折しました。


PageTop