FC2ブログ

今日の…

今日の胃カメラ

ガンの深達度と広がりを確認し術式を検討するための検査で,今回2度目の胃カメラです。 外科の主治医本人がやってくれました。 深さはカメラの先端に付けた超音波で探ります。 広がりは特殊な色素を振り撒いて,ガンと正常域の境界が見えるようにするもののようです。 何れにせよ,私からモニターは見えませんので何をやってるかは胃で判断するしかありません。(というか,出来ません。)

カメラも4回目ともなると,随分慣れて楽になって…きません(T_T)。 今日は特に辛かったです。 目を閉じると余計緊張するから,目を開けて鼻で呼吸してくださいとのことでしたが,横臥位で目を開けるとドクターや看護師さんの動きが部分的に見えて余計情報収集しようと必死になってしまうときがありました。 途中,ドクターが先の内科医がいたら呼んでという発言があったので,これはガンが浅くて内視鏡手術で済むなと思えたのですが,検査後の説明でもその方向で検討するといった話でした。 

さて,詳しくは3日の診察で説明されるわけですが,こうなると内科医の内視鏡手術の経験や熟練度が気になるところです。 やはりできることなら上手にやって欲しいですからね。 残念ながら,こちらの病院のHPにはEMRやESDの年間施行数といったものが掲載されていませんので推し量りようがありませんが,あの外来患者数からいくと限りなく少ないような気が…。

それでも,取り敢えずは開腹手術は免れましたので,とても気分が良いです。 昨夜の風呂で,プヨプヨながらもきめの細かい自慢の腹を見て,ここにミミズは這わせないぞと心に誓ったのですが,そのとおりになりました。



参考:
EMRは、リンパ節転移の可能性がほとんどないがんに対して行われます。リンパ節転移の可能性のないがんの条件としては、1. がんが粘膜内に限局し、2. 組織型が分化型腺癌であり、3. がんの内部に潰瘍を併発しておらず、4. 大きさが2cm以下であること、があげられています(日本胃癌学会ガイドライン)。これを満たす小さいがんは、EMRで確実に切除でき、根治できるでしょう。しかし最近では、ESDの普及により、2cm以上の大きな病変や内部に潰瘍を伴う病変も技術的に切除が可能となり、さらにリンパ節転移の可能性のない腫瘍の条件設定も詳しく分析が進んだため、上記の条件を少しはみ出す腫瘍に対しても、臨床研究として治療が試みられるようになってきています。
外科的な開腹手術とは異なり、全身麻酔をかけないで、通常1時間以内に終了します。ただし、大きな病変では長時間を要することもあります。切除後には大きな潰瘍ができますが、内服薬で治癒します。治療後は数日で食事も可能になり、入院も約1週間以内ですみます。噴門や幽門に接する病変を切除した場合は、あとで傷が引きつれて狭窄を生じることがありますが、その他の場合後遺症はまったく残りません。

PageTop

今日のラフター

0630r1.jpg

太平のゆから出てきた2国との交差点で,先日からラフターが設置されていましたが,

今日は偶然作業中でした。

長いながーーい赤信号で待機中,ずっと観察出来ました。

やっていることは…

0630r2.jpg

この管みたいなものの吊り上げですが,赤丸印のお兄さんが合図者ですね。

玉掛けの資格者だと思われます。


ところで今じっくり写真を見たら,エンジン位置とアンダーミラーの位置が不整合?

前に車のいないショットも撮っておくべきでした。

PageTop

今日の温泉とランチ

朝一からの胃カメラが済んで,しばらくは飲食が出来ないのでその間に温泉へ。

今日は垂水の太平のゆです。

先日玄関でUターンしたところ。

着いたのが9時55分で,玄関先にはパチンコ店の玄関みたいに沢山の人が開場を

待っていました。

まぁ,お年を召した方ばかりですが。

それでも朝一番のお風呂は気持ちが良かったです。

出来たら消化管内に停滞している空気が全部スッキリ抜けてくれると,もっと気持ち

良かったんだろうと思うのですが,なかなかそう簡単ではありません。


ランチは胃の調子を斟酌したため,珍しく迷いに迷ったあげく,これに…

0630l1.jpg

で,大盛りにしたのですが,こんなところの蕎麦を大盛りにするなんてなんという

馬鹿げたことをしたのでしょう。

半分くらいで飽きました。

大盛りにした手前我慢して全部食べましたが,後半苦行。

で,口直しに…

0630l2.jpg

昨夜からの絶食は,ここで一気に回復作業に突入。

ふ~,満足満足。


ふと横を見ると…

0630l3.jpg

このユニークな爪楊枝入れが目に入りましたが…

0630l4.jpg

やはりこうした方が自然でしたね。

PageTop

今日の本

土曜日曜と遠くへ出かけずに家にいると,どうしてもネット三昧。

で,見ているのは概ね胃癌関連のところばかり。

知識は盛りだくさんになったけど,結構気が滅入ってしまいます。

これではいけないと,受けられるか微妙になった鶴の試験勉強を始めましたが,

とたんに睡魔に襲われて1時間しか消化できず。


仕方なく気分転換に買い物に出て,小さな本屋さんで買ったのがこれ…

0629b1.jpg

極少数派ではあるけれども,結構支持者もいる免疫療法関係の本。

何より心引かれたのが,帯のこの文字…

0629b2.jpg

抗ガン剤と放射線治療は絶対しない主義でしたが,手術もするな…というのが

えらく気に入りました。

先日も書いたけど,早期ガンで全摘なんてどうにも納得行かない私には,

諸手を挙げて賛同したいところです。


さて,近くに信頼の置ける免疫療法のお医者さんがいたらいいのにね。

気をつけないと,パチもありそうだから慎重に捜すことにしましょう。

ただ,現主治医と上手く話が出来るのか,ちょっと自信がありません。

まぁ,押し切られてバッサリ…だけはなんとか拒否しようっと。

PageTop

今日の消防車

0626f1.jpg

はしご車 (日野プロフィア Wキャブ)

かつて明石試験場で見かけて,消防車にしか使われないだろうと言われていた

プロフィアのWキャブが見つかりました。

はしごを置くためにキャブの頭を凹まされるという,酷い改造を受けた模様です。


例によって走りながら撮ったのでよく見なかったのですが,写真でじっくり見てみると

はしごのトップに付くゴンドラって,走行姿勢では意外と低い位置にあるんですね。

高さとの折り合いもあるのでしょうが,これでは走るときに前が見えにくいでしょう。

こんなフル架装ですから,それほど高速で走ることはないと思いますが,運転される

消防士さんの苦労が偲ばれます。

PageTop

今日の花

0628f2.jpg

名称不明

普段から基本的に園芸種は避けているのですが,なんとも凄まじい花があったので

ついパチリ。

この絵の中にいったい何種類の花が咲いているのでしょうね。


で,メインのこの花をアップで撮ったのが次の絵ですが,虫が嫌いな方はクリック

しない方が身のためでしょう。

クリック注意 0628f3.jpg

なんとも奇妙な花で,その透明感のある色や形状から海中のイソギンチャクを

連想してしまいました。

恐らくアフリカとかオーストラリア方面の花かと思われます。

でも,こんな形状なのに蜜が多いのか,お客さんが沢山来られていますね。

クマノミなら正視できますが,これにはさすがの私も,ちょっと目をそらしてしまう

ほどでした。


場所は「六甲のめぐみ」という地元JAの開設する店舗前です。

園芸コーナーの売れ残りなどをこの辺りにぶちまけたのでしょうか,雑多な花が

沢山咲いていました。


お口直しに…

0628f1.jpg

載せておきます。

0628f4.jpg

PageTop

今日のパト

0627p1.jpg

今日一日外に出なかったので,ネタがありません。

仕方なく,帰宅時に前に割り込んできたパトを後から恐る恐る撮影しておきました。


今停まっている信号の一つ向こうの信号は,青の時直進と左折の矢印が出て,

それが終わってから右折の矢印信号が出ます。

もちろん左折レーン・直進レーン・右折レーンと分かれています。

でも,慣れない方は一斉に青だと勘違いして右折レーンからもスタートしてしまうのです。

まぁ,通常は交差点の真ん中辺りで気がついて,信号が変わるまで停止ですね。


今日のこのパトは,右折レーンの3台目に停まりました。

で,直進と左折の矢印信号が出たとき,右折レーンの2台も動き出したのです。

パトの直前ですよ。 

期待感が高まりますよね。 

ワクワク…。

ついについに,パトのスピーカーから,だみ声が流れました。

この交差点は右折できません。」  …アレェ~???

とたんに動き出した前2台の車は左ウインカーを出して,必死で直進レーンの私の後に

入ってきて,直進してきました。


パトのお巡りさんも咄嗟に上手く状況説明が出来なかったんだと思いますが,

決して右折できない交差点ではありません。

そんな右折レーンが有るわけ無いでしょう。

パト自体も右折信号をパカパカやってるわけで…。

でも,後のパトから右折できないと言われて一目散に直進した光景は,皆が一様に

パトに恐れを抱いている証拠ですよね。

それにしても,あー面白かった。

やはり,パトは後からに限る…お後がよろしいようで。


PageTop

第521回「1人カラオケしたことありますか?」

いや,私自身はしたこと無いのですが,先日とあるブログで「ヒトカラ2H」という

のを見て初めてそういう行動があるのを知った次第です。


でも,1人なら上手い下手関係ないし,新しい古いも気にしなくて良いし,何しろ

見栄を張らなくて良いから,練習やストレス解消に良いかもしれません。


ただ,私の場合,その寂しさに耐えられるかどうかが問題になりそうです。

あのガランとした部屋で,ひとりマイクを握りしめて大声で熱唱…。

慣れるまでに2~3回練習が必要でしょうね。

PageTop

今日の温泉

0626t1.jpg

久々の月の湯舟です。

太平の湯に行ったら駐車場が車で一杯。

混んでるのは嫌なので,Uターンしてカーちゃんが初めてという月の湯舟に変更。

太平の湯から月の湯舟(ジェームス山)までは結構な距離でした。

でも,行った甲斐があるくらい空いていて,気持ちよくのんびり出来ました。

こちらにはまだ岩盤浴はない模様。


ふと思い起こせば,あの死にそうになった月曜日からまだ4日なんですね。

本来なら今頃心身共にヘトヘトになってる頃だと思われるので,案外火曜からの

連日の温泉がなんとか体を支えてくれているのかもしれませんね。

いい加減,病院帰りでない温泉浴を堪能したいものです。


PageTop

今日の鶴

ほんのちょっとだけ意識して走ったら,今日だけでこれだけ見ました。

正確には取り損ないも2基あります。

0626c1.jpg

先日も書いた学園のです。 今日は真下から。

0626c2.jpg

2国マリンピア出口。 これはラフター。

0626c4.jpg

垂水区だったと…

0626c3.jpg

垂水ジャンクション付近のマンション建設現場。 こんなところで?

0626c5.jpg

西神南の建設現場。 これもクローラみたい。


いやいや,あちこちで使用されているんですね。

ビックリしました。

とりわけ,タワークレーンにオペ室がついていないところとか,本来タワーだと思われる

ところにクローラだとかで,疑問の山。


私には鶴は無理? 

鷺程度が妥当かも。

PageTop

今日のバス

0626b1.jpg

昼飯に寄った舞子ビラには数台のバスが停まっていました。

上のリエッセとか…

0626b2.jpg

こちらのガーラとか。

他にも数台あったのですが,私は気が弱いので運転士さんが座っていると撮れ

ません。

まぁ,目新しいのは無かったので,さほど残念でもありません。


ただ,お客さんが豪華ランチを食している間も運転士さんは車で待機されていて,

貸切バスは待機メインとは思うのですが,見ていてなんとも辛いものがありましたね。

やっぱ無理っぽい…。

PageTop

今日のランチ

0626l1.jpg

舞子ビラのバイキングレストラン・サントロペ?で,バイキングランチ。

0626l2.jpg

あまり食べ過ぎないようにしようと思っていたのですが,デザートの頃は腹パンパン。

なかなか美味しかったですが,あとがちょっと苦しくて,やはり私たちにはバイキングは

元が取れませんね。


平日ではありましたが,沢山のお客さんで賑わっていました。

お年寄りも多く,近くのテーブルの老夫婦なんてしっかり元が取れるくらいお食べに

なったようで,羨ましい限りです。

PageTop

今日の肩すかし

0626g3.jpg

今日は「何時どう切るか?」を確定する日だと思っていたのですが,外科のドクターは

延々と状態などの仮定の話をされました。

で,癌が粘膜層内にいるか粘膜筋板を超えているかでやり方が違い,粘膜層内なら

内視鏡でつまみ取れるらしいです。

ただ,私のは真ん中に潰瘍があって,つまみ取り難いそうです。

いわゆる素直でないタイプなのでしょうね。

その説明がこれ…

0626g1.jpg

でも,これまでの資料だとその判断がつかないとかでもう一度方法を変えて内視鏡で

見せてくださいとのこと。

まぁ,見て貰うのは構わないのですが,その結果粘膜筋板を超えていると判断したら

開腹手術だそうです。

私にしたら,ちょっとハツって済むんならさっさと切ってください的心構えだったのですが,

癌の位置によっては良くて4/5摘出,高い位置だと全摘だそうです。

なんですかそれ?

1Cmに満たない癌なのに,発生部位によっては全摘?

胃壁内面が何平方センチあるか知りませんが,1平方センチのせいで全摘?

1平方センチのステージ1の癌で,あとの綺麗な胃を取っ払う?

もったいない…。

納得いきませんね。


そんなことで,月曜日にまたあの美味しい9mmの胃カメラをいただくことになりました。

また組織も取るんでしょうね。 穴だらけになりそう…。

まぁ,今後は多分術後も散々飲むでしょうから,練習がてらゴックンしてきます。


そんなことで,またまた気合いを持続しないといけなくなりました。

無理ですってそんなの。

1/3とか半分だったら,すぐにでも切って貰ったのになぁ…。

悔しいです。 (残念ながら,あの顔は出来ません)

PageTop

今日のあおたん

0626a1.jpg

注:気の弱い方はクリックしないでください

昨日の採血痕がこんなおぞましいことになってしまいました。

ただ,面白いのは赤黒い部分は穿刺部(上の赤い傷)からかなり離れたところに

出来ていて,そこを中心に上下にズズ黒いところが広がっています。

どういうメカニズム?なんでしょうね。

歳を取るとこういうのが消えにくくなりますので,当分この状態が続くでしょう。

嫌ですね。

この時期,ノースリ…半袖を着ることが多いので,どうしても隠せません。

包帯を巻くのも大げさだし,この部分を常に体に付けて歩くのも不自然なので,

どうしたものかと思案中。

まぁ,もうしばらくするとそんなことすっかり忘れることになるでしょうね。


ということで,これより外科受診に行ってきます。

予約外になるので,いつ終わるか予想がつきません。

時間潰し用の本が要りますね。

では。

PageTop

今日のニュース

金品受領、17機関で1402人=33人を懲戒処分-深夜タクシー


「3人が現金を、55人が金券をそれぞれ受け取っており」…フムフム意外と少ない?

「残りはビールなどの物品だけだった」…だけだった? まぁ,…いいか。

毎日ビールを飲みながらタクシーで帰宅しただけだった…ですね。


「33人を国家公務員法に基づく懲戒処分」…調べたらこの中には免職・停職・減給・戒告

と4つあり,戒告なんて字のとおり告げるだけですよね(多分)。 

今回のがどれになるのか書かれていませんので判りませんが,庁内では「ビールぐらい

でなにが悪い?」なんて方もたくさんいらっしゃるようだから,戒告くらいで無くなるとは

到底思えませんね。 

だって,罪の意識がないのに止めるわけがないでしょう。 

絶対やります。 断言します。 私ならやります。(ビール飲めないけど…)


「118人に訓告、厳重注意などの措置」…措置?…ですか。 

訓告も告げると書いてあるから告げるんでしょうが,厳重注意というのは文字は大げさ

だけど告げないんですよね。 

何か注意書,たとえば「もうやるなよ」とか,「目立たぬように…」とか書いた紙を渡す

のでしょうか。


これは恐らく氷山の一角なんでしょうから,他の似たような案件が全部出切るのは

いつになるんでしょうね。

まぁ,出切ることなど無いんでしょう。

げにおぞましきは公務員感覚…といったところですね。

そんな公務員に わたしはなりたい   …宮沢賢治風


そうそう,残りの1251人はお咎めなしですか?

これって回数が少なかったから?

どの辺りで線引きがされ,僻んだヤツと笑ったヤツが出来たのかが知りたいですね。

もちろん興味本位です。

対岸の火事は楽しいってヤツです,ハイ。



注記:この記事は一般的公務員叩きに分類されることを拒否します。
    あくまで、一部の特権階級面をした薄汚い連中を指弾するものです。
    そんな検索で来られた方があったようなので、あえて追記しておきます。

PageTop

今日の温泉

0625z1.jpg

朝の検査でコリコリになった体(ホントか?)を解すため,久しぶりにこちらの温泉に

行ってきました。

随縁の湯

平日の昼過ぎともなると,どこの温泉も空いていてゆったり入れます。

そうなると,私的にBランクであったこの温泉も,一躍Aランクに昇格ですね。

つまり,空いてればどこでも良い? いや,そういうことではありません。

やはり,それなりの施設が整ってないといけませんね。


久しぶりに行ったので,タオルとバスタオルが込みだったのを失念していて,

わざわざ大きな袋を下げていったのは失敗でした。

でも,そんなおじさんおばさん多数。

タオル持ち込むから100円引いてよね。

他店とのバランス無視ということで,やはりBランクにしておきましょうか。

PageTop

今日の表示

0625d1.jpg

検査後スポーツデポを覗いてきました。

復帰記念に購入するラケットを見に。

もちろんあらかじめ買っていて,その使用を目標に頑張るという手もあるのですが,

もう一つの障害である坐骨神経痛とも相談しないといけないので,今日はチェックのみ。


ただ,ついて来てくれたカーちゃんは,アシックスのウォーキングシューズ

「はだしウォーカー」と,営業用にプーマのバッグを購入。

羨ましい…。


出てきた玄関で見つけたのがこれ。

防犯カメラにつけられた,忠告表示?

何しろ3面とも,日本語でも英語でもない言葉で書かれていて,私にはどれも

読めませんでした。

こうなると,大変気分がよろしくないですね。

なんと書いてあるんでしょう。

気になります…。

PageTop

今日のランチ

0625s1.jpg

垂水警察向かいのミドリを核テナントとするなんとかいう店舗街の家族亭で,これと…

0625s2.jpg

これをいただきました。

家族亭以外にはサイゼリアと大阪王将となんとかダイニングという和風バイキング

風のお店くらいでしょうか。

どこに入ろうか決めかねるくらいの,拮抗した期待感。(^^ゞ

蕎麦を食ってたら間違いないだろうとこれらにしましたが,間違いでした。

いや,間違いというほどでもありませんが,食後の満足感が少ないのはいかんとも

しがたいですね。

まぁ,他店でも同じ程度でしょう。


久しぶりに蕎麦の大盛りをオーダーして,蕎麦だけで満腹になりたいという希望は

叶えられましたが,リピートはありませんね。

満腹感と満足感の違いをハッキリ感じて,唖然としました。

PageTop

今日の検査

0625k1.jpg

腹部造影CT検査でした。

これは,単純CT検査などでは写りにくい,小さな病変や血管を鮮明に写すための

レントゲン検査です。

これで,リンパや多臓器への転移の有無や,原発病巣が胃壁の裏側まで達して

いないかといったことを確認的に調べておくものらしいです。


ただ,その大げさな説明文や予約時間の注意書きに比べて,実検査時間は5分足らず。

ヨードを注入すると体が熱くなり,しばらくすると消えるというのもそのとおりで,

何ら案ずることもなくあっさりと終了。

検査開始が10時なのに,1時間前に来て採血をしてなんていう注意書きは,

恐らく時間を守らない人が多数いるためと思われます。

お陰で,例によって待ち時間ばかりでした。

さて,結果はいかに…。

明日が楽しみです。

と,ちょっとだけ,余裕を見せておきます。


それにしても,今日の採血室の担当さんは採血のベテランにあるまじき技術?で,

採血後の左腕が下品に青黒くなっています。

右の造影剤の点滴後はすでに消えかかっているのにね。

PageTop

今日のS2000

0624h2.jpg

HONDAのS2000という車らしいです。 よく知りません。

どうも完全2シーターのようで,なおかつオープンという二人で乗るにはもってこいの

車ですね。

偶にシルバーグレイが若い女性を横に乗せて走っているのを見たりすると,格好いいと

思うのと共に,石をぶつけてやろうかという気になったりしますが,これは私がそういった

いぶし銀のような魅力を発散する年齢に未だ達していないということなのでしょう。

やはりそれなりの年齢に達しないと出てこない魅力って有りますよね。

まぁ,この話は石が飛んでこないうちに止めますが…。


で,このS2000。

二人で乗るための2シーターに一人で乗っています。

いや,いけなくはないのですが「一人です」を強調するオープンはどうなんでしょう。

4人乗りのオープンの1人乗りより,2人乗りのオープンの1人乗りの方が,めっちゃ

寂しげですよね。

私なら1人の時は暑くても幌をかぶせると思うのです。

まぁ,ブッサイクな顔のデカイ女性を横に乗せるくらいなら,1人で寂しげに走る方が

まだマシとか粋がる人もいるでしょうが,私ならどんなにブッサイクでもどんなにおデブ

でも横に乗って欲しいですね。

だって,2シーターに1人はその寂しさと冷ややかな他人の目に耐えられません。


そうそう,そのS2000はダンパーがへたってますよ。

彼女より先にダンパーを調達しないとね。


PageTop

今日の温泉

0624c1.jpg

午前中に急ぎの用件だけ片付けて(大げさに言うほどのものでもない),昼から

昨日の体の凝りを取るべく温泉に行ってきました。

どこにしようか迷ったのですが,結局ここにしました。

チムジルバンスパ神戸,略してチムスパ神戸。

最近のお気に入りです。

さすが平日火曜日ですから,空いていてゆったり出来ましたね。


最初に昨日の色々がどう体に影響しているか,測ってみました。

0624c3.jpg

(左側)さすがに1Kg程度ダウンしていましたね。

で,約1時間の温浴とサウナで出てきたところが右側です。

久々の71Kg台ですが,恐らく数日後には70Kgを軽く下回ることになるでしょう。

楽しみです。


そんな楽しみの前には,好き放題やっちゃうという何やら知的レベルを疑われるような

アクションを取りがちでして,今日の場合は…

0624s1.jpg

これ。

でも,いわゆる小腹がすいた状態でしたが,これだけで済んだのは良しとすべきでしょう。

じぶんでいうのもなんですが…。


さて,ホッコリの後ヒンヤリで締めて温泉を退出しようとしたら,「本日のビッグイベン

トォ~」というアナウンスと共に現れそうなこのおばさんが目の前を横切りました。

これは撮るべきだが撮って良いのかという心の葛藤が絵に出てしまい,ちょいブレました。

0624c2.jpg

その誇らしげな「CHANEL]の文字は,あろう事かはち切れそうなおばさんのお尻に

プリントされていました。

こんなシャネルって有るんですか?

PageTop

今日のリボン好き

0624r1.jpg

巷ではピンクリボンとかブルーリボンとか,いろんなキャンペーンやシンボルという

意味を込めたリボンが流行って(?)いますが,いつの間にか何ら意味のない飾り

だけのリボンが出回っていて,非常に紛らわしいですね。


今日のこの車など,左にピンク右にブルーでなにやらハワイ土産のようです。

先日の波乗りフラガールもハワイ土産ですから,ハワイ土産なら何でもいいという

感覚の持ち主なんでしょうね。

それにしても,どう見ても格好良くないんですが,本人はどの辺がいいと思って

いるのか,ちょっと聴いてみたい気もします。

いや,聞いてもまともな説明の出来る人などいないでしょうから,聞くまでも無いですね。

早くこのお馬鹿さに気づいて欲しいものです。 まぁ,無理でしょうが…。

PageTop

今日の同乗者

0624h1.jpg

先日の同乗者はヤマイモハムシとすぐに判明したのですが,今日のは全然判りません。

特徴的なのは全体が黄色かったことだけ。

差別してはいけないのですが,なによりハエはどこを経由してきたかが気になるので,

あまりじっくり観察する気になりません。

形状的にも,結構体中がトゲトゲで汚いものが付いていやしないかと余計なところが

気になってしまいます。


しばらくじっとしていましたが,何を思ったか気が狂ったように飛び回りだしたので,

助手席側の窓を開けて手でそっと誘導したら,挨拶もなく去って行かれました。

先日のヤマイモハムシと違ってラッキー感が少ないのは,やはりハエだからでしょうね。

単に黄色いからといって,「幸せの黄色いハエ」とはどうしても感じられませんでした。

PageTop

今日のドタバタ(長文)

朝,職場へ健保から電話があり,先日ドック受診した病院へ連絡するようにとのこと。
この段階で普通ではないと感じるが,それほどドキドキもせず。
病院へ連絡すると,胃カメラ担当のドクターが直接話すのでしばらく待てとのことで,
電話保留で5分くらい待つ。
やっと出てきたドクターは,腫瘍が見つかったので一刻も早く来院して受診してくれ
との仰せ。
悪性ですか?との問いに,当然のごとく「ハイ,そうです」と。
この答えは予測できていたので,自分でも不思議なくらい冷静に午後から受診しますと
答えて,帰宅の準備をする。 
この時妻に,帰れるなら病院へついていってと軽い感じでメール。
今日の受診次第で,会社への出勤がどうなるか判らないので,必要なものを持ち帰る。

帰路の車中ではあれこれ考えないようにして,安全運転だけ考えながら走る。
藍那のトンネル前で,後方確認のため左ドアミラーを見たときにクラッと目眩が。
あれ?これって貧血?しばらく走りながら,時々左右のドアミラーを見るも,毎回クラッと。
これでは危ないので,待避所で小休止をとることにした。
シートを倒して目を瞑るが,軽快せず。
なんとか家まで帰りたいので,車の切れ目を見つけてユルユルとスタート。
福谷までは,そんな状態ながら走れたが,福谷での合流点で右後方を確認したとたん
首を振ったのがよくなかったか,強烈な吐き気に襲われる。
悪いことに,私のすぐ左側のゼブラに警察車両が停車中で,その横で買い物袋を
口に当ててカラ嘔吐をゲホゲホやるのは,すこぶる罪悪感。
見た目,シンナーやってるみたいだし。

やっとのことで家に到着するも,バックでの車庫入れが全然決まらない。
3回目にあまり綺麗ではないけどなんとか納めて,カバンと荷物を持って車を降りる。
でも,まともに歩けない。車やポスト・壁を伝いながら,ようやっと家に入れた。
玄関ではみっともないので,リビングまで這うように行き,そのままダウン。
その後何度もカラ嘔吐が続き,足はヨタヨタで歩けない。
そうこうするうち,妻帰宅。 
私があまりに不調なので,午後の受診は妻1人で行って貰うことにする。

病院の妻から電話で,ドクターがこれから検査にこれないかと言われているがどうかと。
とても無理。 その会話でもカラ嘔吐。 話すと駄目みたい。
検査は水曜日となり,翌木曜日が外科受診と決定。 忙しい1週間になっちゃった。
電話の後,嘔吐したら何故か内容物がでた。 どこから来たの?

妻が帰宅した4時くらいにやっと少し落ち着いたので,報告を聞きながらお茶を飲む。
その後2時間ほど爆睡。 幸い悪い夢は見なかった。
起きてから軽く食事。 あまり入らない。 その後ゆったりお風呂にはいる。
この頃から,ずいぶん楽になってきた。


とまぁ,散々な1日となりましたが,情けないのはそれほど意識していないのに
脳がパニックになっているようで,目眩嘔吐にはやられましたね。
これほどメンタルが弱いとは,元々弱いと思っているのと比較にならないくらいでした。
まぁ,こんな細い神経でここまで無事に来られたのが不思議ですね。
そんなか細い神経で,癌に立ち向かっていきます。 乞うご期待。 ホントか?

PageTop

今日の告知

0623c1.jpg

ドックでの胃カメラの結果,癌が発見されました。

昨年9月の胃カメラで確認し,異常がなかったまったく同じ部位が癌化したようです。

今後,腹部CTで転移や状態確認の上,外科に回って手術のようです。

幸い癌が小さいので,復帰も早いだろうと無理矢理楽観しております。


そんなことで,これからはどうしてもこの関連記事が増えると思われますので,

気になる方はご訪問を避けられたほうが賢明かと思われます。

カテを「闘病記」なんて格好いい名前にしようかと思ったのですが,別記のような

予想外の体たらくのため,軽く「病気」といたしました。


いつかはクラウン…じゃなくて,いつかはキャンサーを想定していましたが,いざ

そうなるとやはり気分は最悪です。

時節柄皆様方もご自愛くださいませ。

PageTop

今日の異議あり

大阪駅でまた事件があったようです。

いやですねぇ。

怖いですねぇ。


で、容疑者の写真がこれ…

0622n3.jpg

で、そのニュースを伝える記事がこれ…

0622n1.jpg

と、これ…

0622n2.jpg


どちらが正しいかは読者貴兄の判断に任すとして、私は上の記事に…



  異議あり!! 

PageTop

今日のタワークレーン

0622c1.jpg

学園(正確には西区学園東町)を通行中,前方にタワークレーン2基を発見。

ただ,場所的に大きな空き地があったのか記憶にないため,グーグルアースで

調べてみたら,

0622c2.jpg

この部分が空いていたようです。

学園のど真ん中にこんな土地が空いていたんですね。

ビックリです。

何が出来るのか,とても楽しみですね。

クレーンからして,相当の高層建築になると思われます。


で,このクレーンですが,建物の立ち上がりにつれて伸び上がっていくのは周知の

ことのようなので,ここで敢えて言及しません。

問題は,その取扱者の免許のこと。

このクレーンの操作には,クレーン免許が必要です。 (まぁ,当たり前ですね。)

ところが,クレーン免許の実技試験ではこの腕(ジブといいます)の起伏は入って

いません。 

というか,工場内の天井クレーン(ジブなど付いていない)での試験です。

ジブの起伏が入っているのは移動式クレーンの方なのですが,移動式クレーンの

免許ではこのクレーンを操作できません。

ジブの起伏というのが,クレーン作業では大きな要素となるのに…です。

この点非常に疑問なのですが,現実はそういうことなのですね。

将来的には,この辺りまた区分されるのかもしれません。


まぁ,色々気になることもありますが,今後のこのクレーンの成長?が楽しみですね。

そういえば,西神南にもタワークレーンを見かけたような…。

あちこち目が離せませんね。

楽しみです。

PageTop

今日の疑問

0621h1.jpg

車で走ると,こうも疑問が湧くものでしょうか。

この車は,多分SUZUKIのMRワゴンだと思われます。

なのに,真ん中にはSUZUKIのマークに変わってHONDAのHマークが付いています。

MRワゴンがニッサンにOEMされてMOKOとなるのは聞いたことがありますが,

HONDAにOEMというのは聞いたことがありません。

この方の真意はどこにあるのでしょう。

疑問です。


さて,この撮影時にカメラのセッティングを間違えていたようでストロボが発光して

しまいました。

真ん中の小さな○の中がそれですね。

この車の運転手さんは一般人なのにフライデーされて,ビックリされたことでしょう。

申し訳ありませんでした。

で,写真を見てブレーキランプの下側が光っているのがまたまた疑問なのですが,

窓上のハイマウントストップランプは点いていないところをみると,これはブレーキ

ランプではありません。

つまり,リフレクターがストロボ光を反射したんですね。

日中でもこんなに反射するなんて,カメラのストロボが凄いのかリフレクターが凄いのか。

また他の車で試したくなった,疑問解消でした。

PageTop

今日の廃車

0621s1.jpg

結構人通りのある神戸市旧市街の坂道にあった廃車体です。

私には鑑識眼がありませんので,このバイクが何年この状態で有るのか知るよしも

ありません。

でも,車体下の錆色の具合から,数年は放置されているんだろうと推測するわけです。


で,私が気になるのは廃車体よりこの後の車庫なんです。

このバイクが置かれる以前から現在まで,一度も車庫として使われることがなかった

のかと思うと,もったいなくて…。

この辺りの駐車場契約料金がいくらぐらいかは知りませんが,これだけの車庫なら

どう転んでも15K/月はいただけるでしょう。

ホントにもったいないですね。

案外車庫所有者はこのバイクの持ち主で,バイクより先にあちらに行ってしまわれたの

かもしれません。

ただ,バイクの名が「蘭」なんてカワイイ名なので,多分違うでしょうね。

PageTop

今日のアジサイ

0621f3.jpg

我が家のアジサイです。


何がいけなかったのか,今年はこの1輪だけ。

理由がわかりません。

水をやらなかったから?

肥料をやらなかったから?

昨年のドライ状態の花を取らなかったから?


こんな風に,過干渉を避けたのがいけなかったのでしょうか。

そんな気難しい花と思ってなかったので,ちょっと意外です。

でも,我が家に棲息する限り,このスタイルで頑張らねばなりませんね。

君も野草園の住人なんだから,特別扱いはありません。

PageTop