FC2ブログ

今日の…

今日の決定(長文注意・内容無し)

0419o4.jpg

危険物乙種4類の取り扱い資格取得により、次にどの資格に挑戦するか検討中のところでしたが、ボイラー2級であるとか電気工事2種なども資料やネット調査で検討したのですが、いまいち興味が湧きません。 とはいえ,あまり難しいのに手を出すと,それ自体がストレスとなってしまっても困ります。 それで、取りあえず脳細胞の死滅を防ぐべく、危険物乙種の他の類(1,2,3,5,6)についてひと通り勉強してみて、受験予定の類を決定しました。 その類の検討過程についてここに記し、諸先輩のバッシングを仰ごうという所存です。

まずは、1類。 1類は酸化性固体です。

自らは不燃性で周囲の可燃物の燃焼を著しく促進するとかいいながら、高温になると爆発したりするやつもあって、いまいちよくわかりません。 それより何よりその種類と数の多さが問題です。
例えば、塩素酸塩類、過塩素酸塩類、無機過酸化物、亜塩素酸塩類、臭素酸塩類、硝酸塩類、よう素酸塩類、過マンガン酸塩類、重クロム酸塩類、その他政令で定めるものなんてのがあって20数品目が上がっていますが、この種類を見ただけで戦闘意欲消滅しました。

で、2類。 2類は可燃性固体

読んで字の如く、燃える固体ですね。 これは簡単でしょう、多分。
品名を見ても、りんとか硫黄とか鉄粉とかの聞いた名前が多いし、数も少ない。
ところで、鉄粉が可燃物とは思わなかったですね。 使い捨てカイロが鉄粉の酸化を利用しているのは知っていましたが。

次は、3類。 3類は自然発火性物質及び禁水性物質

2種類の性質が一緒にされている所からして、拒否反応が出そうです。
でも、カリウム・ナトリウム・カルシウムなんて名前があって、もしかして覚えやすいんじゃないかと思ったのですが、そもそもナトリウムやカルシウムが危険物だなんて思ってもいなかったし、そう思うとカルシウムたっぷりなんてコピーのサプリが食べにくくなりそうで嫌ですね。 さらにトリクロロシランなどという知らんものもいっぱいありますね。

さて、4類を飛ばして5類。 5類は自己反応性物質

名前からわかるように自身で酸素を含有しているので、加熱・衝撃などのきっかけで爆発してやろうと考えている怖い奴らです。
知ってる名前は、ダイナマイトの原料であるニトログリセンリンくらい。 とりわけ、ジニトロペンタメチレンテトラミンとかアゾビスイソブチロニトリルなどというどこで切って読むのかわからない読みにくい長い名前があって、無理っぽいです。
そうそう、この類にニトロ化合物とニトロソ化合物というややこしい別種があって、でも唯一聞いたことのあるニトログリセリンはニトロと付いているのにこれらに含まれない硝酸エステル類なんですって。

いよいよ、最後の6類。 6類は酸化性液体

皆さんも良くご存知の過酸化水素や火薬原料の硝酸などが含まれていて、何より6品目と少なくてやりやすそうです。
4類と同じ液体のみで、固体より液体が好きという個人的嗜好にも合います。(意味不明)

そんなことで、意味のない資格ということはわかっているのですが、せっかく本も買ったので2類と6類を受験して危険物とお別れしようと決めました。 これを取ると、免状の偶数類欄が埋まってきれいそうだし。(^^ゞ 結局、楽な類だけ選んだとかの批判は甘んじて受けますが、私の頭で1類全品目の性質を覚えるのは無理そうだから仕方ありませんね。

さて、試験は6月15日と発表されました。 これから8週間ですね。 
途中にGWなどありますが,集中が続くでしょうか? 
でも,この長文を書くよりは試験の方がずっと簡単な気もします。

PageTop