FC2ブログ

今日の…

今日のおやつ

1007o1.jpg イチジク(産地不明)


イチジクって,皮をむくときに手がベタベタするし,上手く皮が剥けないことが多いし,


花を食ってるという感じが抜けないしで,いろいろ不都合が多いですね。


だから,…私イチジクが大好きです。


そもそも皮など剥こうとするから手が汚れるんだし,噛み口を見てやはり花だと


確認するから花だと思うのであって,皮ごと食って噛み口を見なかったら


だれも花だとは思わないでしょう。


時期的に無花果のケーキが出回っていますね。


どれも美味しいです。


 


1007o2.jpg 二見堂のおはぎ


コープに買い物に行ったら,いつもの二見堂のお兄さんがいました。


二見堂を見たら,何か買わずにおれませんよね。


商品は夏の季節ものが姿を消して,定番品ばかり。


で,定番中の定番を買ってきました。


1ヶ90円。


家族3人なのに4個買うことがそもそもの問題だとは思うのですが,ワンパックだから


と4個買ってしまいます。


誰が2個食べるのでしょうか?


あぁ~。


 

PageTop

今日のお祭り

各地の神社に幟が立ち,秋祭りの予感がしていたので,遭遇を期待していました。


ひとつめはこれ


1007m1.jpg 社町内


予期せぬ渋滞に何事かと思っていたら,ガードマンが太鼓で通行止めですと


教えてくれ,迂回路へ誘導されました。


左に停まっている車は,それでも無視して直進した車達。


かなり待つことになるでしょうね。


 


続いて,温泉からの帰り道やはりプチ渋滞で,その先に消防団風の男性。


これは間違いないと狙いを定め,近くのコンビニ駐車場に飛び込んで見つけたのがこれ


1007m2.jpg 社町木梨のあたり


青年が減り,御輿が担げないというのを聞きますが,もう殆ど車輪付きで


転がしているようです。


いざというところでは担ぐのかもしれませんが,見た目の人数的にも不足のようです。


でも,白髪のおじいさんは嬉しそうでした。


何時までも続いて欲しいですね。


 

PageTop

今日の温泉とランチ

1007s1.jpg こんだ薬師温泉 サギソウ茶寮


1007s2.jpg 店内はこんな感じで,向こう半分が喫煙席。 orz


1007s3.jpg おばんさい「花」でしたっけ?


1007s4.jpg ひつまぶしセット


1007s5.jpg セットに付いてきた黒ごまアイス


かつてこの茶寮の玄関までは行ったのですが,何やら高そうで退却したのですが,


今日ははじめから入るつもりで行きました。


と,メニューが過日のとは変わっていて,おばんさい(¥1,000)など増えていました。


ちなみにおばんさい「花」が今日はライスコロッケ定食風で1k。


「月」になると一品増えて1.5K。


ひつまぶしは2.5K。


他にステーキとかすき焼きのセットなどもあり,さらにはざるそばなどもありました。


 


ずいぶんしっとりとしたいいお店なのですが,上で書いた喫煙席の多さとしきりの


ない点や,オーダーから配膳までの時間のかかりようから,できれば行かれるのは


平日がよろしいかと。


団体は別室にはいるので,その喧噪には巻き込まれません。


 


さて,今日のこんだ薬師温泉ですが,人人人。


よかたん」がリニューアル休業中のせいか,とても多くの人でにぎわっていました。


2時前に帰路についたのですが,進入路は待機車両が延々と続いていて,彼らが


何時になったら温泉に入れるのか,無関係の私が心配するほど。


こちらの温泉の休業中に,平日のよかたんが超満員だったことがありましたので,


この2者で客を分け合っているのは間違いありませんね。


 


浴場はなんと5~6回目にして初めて陶板風呂に入れました。


そして,洗い場の炭入りボディーソープも初めて使用しました。


これがまた気持ちよくツルツルになるんですね。


帰りに売店で捜しましたが,売っていませんでした。 残念!!


 


ちょっと長くなりますが,露天風呂でのお話を…。


今日は小さな子どもさんが多く入っていて,5~6人が揃ってトンボを見ていました。


ひとりが「赤くないから赤とんぼと違うなぁ」といい,続いて「青く見えるから青トンボ


かなぁ」という声。


最後に「なんというトンボやろなぁ」で終わりました。


周りに人が少なければ,「これはシオカラトンボといいます。 今,しっかり特徴を


見て覚えて,お家に帰ってから図鑑で確認しましょう。」と言いたかったのですが,


言えませんでした。


だって,周りの人の中にもっと詳しい人がいて,「それは違います。 シオカラに似て


いますが,胸の粉が塩というよりは砂糖に近い,亜種サトウアマトンボです。」


なんていわれたら,恥ずかしくってゆっくり温泉に浸かっていられなくなりますもんね。


危ない危ない…フー。




PageTop