FC2ブログ

今日の…

第263回「子供のころ虫で遊んだエピソード」


遊んだというのかどうか微妙ですが,蜂ですね。


アシナガバチなんですが,あちこちに巣を作ってまして,私と一つ下の


子分(今頃こんな言い方しないでしょうね)とで蜂の巣落としを…。


竹竿で片端から落としていくのですが,時々逆襲があります。


そのときもかなり大きな蜂の巣を落として,ダッシュで逃げたのですが,


私は頭を2カ所,子分はなんと鼻の下を1カ所刺されました。


刺されたことのある方ならご存知でしょうが,ピリピリとした強烈な


痛みが襲います。


で,家に帰ってアンモニアだったかをつけたのですが,そのときの子分の


顔が…カッパみたい!!


びっくりしました。


上唇が大きく腫れて下唇を乗り越え,顎にまで届きそうな…もちろんそこ


まではいきませんが…気配で,まんま…カッパ。


私は頭を押さえながら,たまらず爆笑。


子分は鏡を見ていないので,爆笑の意味不明のまま痛みとアンモニアの


臭いに悶えていました。


私はこの時はじめて,人間の上唇があんなに伸びるものだと知りました。


 


それ以後の蜂の巣落としでは,必ずタオルで鼻の下をガードし,カッパに


変身だけは避けるようになりました。 


もちろん子分はもう二度と蜂の巣落としにつきあってくれませんでした。


痛くておかしい想い出です。


 


PageTop

今日はメーデー

May Day


毎年5月1日に行われる労働者の祭典。
労働者の日としてのメーデーは、1886年5月1日に合衆国カナダ職能労働組合連盟(後のアメリカ労働総同盟)が、シカゴを中心に8時間労働制を要求するデモンストレーションを行ったのが起源。
1日12時間から14時間労働が当たり前だった当時、「第1の8時間は仕事のために、第2の8時間は休息のために、そして残りの8時間は、おれたちの好きなことのために」を目標に行なわれた。


ところで,航空機などでの遭難信号に使われる「メーデーメーデー」はなぜ


メーデーなんだろうと思った方いませんか。


恐怖におののきながら,「5月1日,5月1日」って変でしょ。


モールス信号のSOSに相当するあれね。


で,メーデーついでに調べてみたら,実はフランス語の「M'aider」


(英語のAid meに相当)なんですって。


要は「助けてぇ~」ですよね。


これで納得ですね。



PageTop